実は妊娠前から摂るべき!「葉酸」の重要性

大きいお腹と一輪の花

妊娠中は「葉酸」を摂った方がいい・・・

 

もしかしたら、あなたもどこかで聞いたことがあるかもしれません。

 

でもこれって、なぜだか知っていますか?

今回は赤ちゃんを望む人は知っておいた方がいい「葉酸」に関するお話です。

 

葉酸は何に効くの?葉酸の効果

 

葉酸は、実は厚生労働省も1日に400μgの葉酸の摂取を推奨するほど、実は大切な栄養素。
主に赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを低減させるために重要な働きをします。

ですが、この神経管が作られていく時期というのは、
妊娠4~5週目頃。
つまり、「あれ、生理が遅れてるかも・・・」とわかる頃には
既にその時期がきているということなんです。

 

そう、妊娠が判明してから葉酸を摂るというのは、
神経管閉鎖障害のリスクを減らすといった面では遅い、ということです。

 

なので、妊娠1か月前から葉酸を摂り始めることが推奨されています。

また、造血作用や細胞分裂を促す作用もあるので、
血液をたくさん必要として、赤ちゃんの成長と健康を維持したい妊娠中は摂っておきたいもの。

 

そして、母乳の出を良くする効果も期待できることから、

妊娠1か月前から妊娠3か月頃は特に大切になる葉酸ですが、
妊娠中・授乳期共に必要な栄養素なのです。

 

葉酸が妊活時に必要な理由

 

妊活時にも葉酸を摂った方がいい理由として、

・いつ妊娠しても良いように、神経管閉鎖障害予防のために摂取する

の他にも、

・子宮内膜の絨毛組織の細胞生成を助ける働きがあり、着床しやすいフカフカのベッドを作る

といった役割もあります。
流産のリスクを減らす効果も期待できるということですね。

 

効率的!おすすめの葉酸の取り方

 

ブロッコリーやホウレンソウなどの緑の野菜だったり、
レバーや納豆など葉酸がたくさん含まれている食材はあります。

 

もちろん、普段の食事の中で摂ることもできますが、
水や加熱調理に弱い葉酸の性質だったり、
体内に吸収される過程においてとても非効率。

 

なので、厚生労働省も補助食品(サプリメントなど)からの
摂取を推奨しているんです。

 

ただ、
葉酸は過剰摂取による副作用も報告されているので、
摂り過ぎは禁物。
一日に1,000μg以上は過剰になってしまうので気を付けましょう。

 

サプリメントは過剰摂取にも配慮されているものも多いので、
手軽に効率的に葉酸を摂るなら、
容量を守って上手に使うことをおすすめします。

 

 

いかがでしたか?
赤ちゃんのためにも、あなた自身の健康のためにも、
葉酸サプリを摂ることを心がけてみませんか?

コメントを残す