妊娠線予防について@

お腹の肉割れを防止方法はいつ頃から始めるといいのでしょうか。

 

腹部がまだ目立たないぐらい小さい頃は乾燥も気にならないので「問題ない」と思うかもしれません。しかし、本気で妊娠線を防止したいなら可能な限り早くクリームやオイルを塗ることをご提案します。

 

妊娠線とはどんどん大きくなっていくお腹のついていくことができず、真皮が裂けてしまってできてしまう傷跡のこと。妊娠中期お腹周りが大きくなったころから表れやすくなります。妊娠線は皮膚の深部にある真皮細胞などに作られてしまうので、一旦できてしまうと治すのは不可能と考えられています。

 

ストレッチマークができやすい場所とはお腹周りの他にもバストやヒップ、太ももなどがあります。いわゆる、脂肪がたくさんあるところに現れやすいということ。お尻や太ももの部分など後ろの部分はかなりチェックを忘れがちなので注意してクリームやオイルで潤しましょう。

 

また、お腹がスイカのように丸々してくると下部がチェックしにくくなるので気を付けて保湿することが大切です。

 

妊娠線はできてしまいやすい人とそうでない人がいます。妊娠線ができやすい人とは、「乾燥肌の人」「高齢出産の人」「もともと細身の人」「太目の人」「双子、三つ子を妊娠している人」「すでに出産をしたことがある人」「母親が妊娠線持ち」といった特徴が目立ちます。
ですが、もしあなたに当てはまる項目が多くても気を楽にしてください。毎朝、毎晩の保湿と体重管理で「妊娠線が防げた」といった女性ももちろんいます。

 

妊娠時の断裂線を防止したい人はできるだけ早いうちから保湿をスタートさせて、体重管理も注意を払いましょう。

 

一般に売られている体用の保湿アイテムとストレッチマークを作らないための保湿のためのクリーム、オイルはどういった点が違うのでしょうか?
実は、4つ、違うところがあります。「入っているものは何か」「香り」「金額」「どこまで潤してくれるのか」

 

最初に、原料についてです。
気を付けるべきなのは、「お腹に赤ちゃんがいる」ということ。お腹に子どもがいる時は、女性ホルモンが妊娠していない時よりも大きく変化するので今まで肌に合っていた肌ケアアイテムも肌荒れを起こしたり、かゆみを感じたりすることも。ですが、妊娠時用として売られているものは妊娠していつもとお肌の状態が違っても使えるようにお肌に優しい成分で製造されています。

 

香りも違います。
市販されているボディクリームやオイルは香料という余分なものが入っていたり、ホルモンに影響のある精油が使われたりします。つわり中は特に香りで吐き気を催すこともありますし、妊娠時は不適切な精油入りのこともあるので、気を付けなければいけません。

 

商品の代金についてもよく目にするものは安く入手できることが多数ですが、妊娠時に使うものはやや高価な場合が多くなっています。

 

また、保湿ケアの力に関しても差異があります。
妊娠時にできる肉割れは表皮の奥の真皮がバリバリと裂けてしまう状態なので、外側だけでなく、内側も保湿する必要があるのです。なので、肌を潤す力が高く、できるだけ真皮の方まで潤いが届く処方のものの方が安心でしょう。

 

妊娠時の肉割れを食い止めたいのであれば、もしストレッチマークができても気持ちが切り替えられるようなものを選び、購入してください。

 

miteteマタニティクリームっておすすめなの?