妊娠線予防についてA

よくお店で見かけるボディクリームと妊娠時に使う保湿アイテムはどういった点が違うのでしょうか?ざっくり言うと、4つ、違うところがあります。「成分」「におい」「値段」「保湿力の高さ」まずは、成分です。気を付けなければいけないのは、「マタニティ期だ」ということ。お腹に子どもがいる時は、ホルモンの上がり下がりがお腹に赤ちゃんを宿す前より大きく変化するので今まで使えていた保湿クリームやオイルも吹き出物ができたり、ヒリヒリ感があったりすることが考えられます。ですが、妊娠時用として売られているものはホルモンバランスが崩れやすい時期でも問題ないように低刺激な成分で製造されています。香りについても異なっています。市販されているボディクリームやオイルは香料といういい香りをさせるものが入っていたり、ホルモンの分泌を促す精油が入っていたりします。つわりの間はいつも以上に香りに敏感になりますし、妊娠中に使ってはいけないエッセンシャルオイルが成分に含まれていることもあるので、注意を払いましょう。商品価格の点でもお店で売られているものは安く入手できることが多く見受けられますが、妊娠しているとき専用のものは高価なことが多いでしょう。また、保湿ケアの力に関しても異なっています。妊娠時にできる線は真皮がひび割れてしまう状態なので、保湿r成分が肌の奥まで浸透する必要があるというのはお分かりいただけることと思います。なので、肌を潤す力が高く、できるだけ表皮ではなく、真皮まで保湿成分が行きわたるようなものの方が安心です。妊娠しているときにできる肉割れをできたくないのであれば、もし妊娠線ができても「これでできてしまったなら仕方ない」と思えるようなものを購入することをおすすめします。妊娠時の肉割れが表れやすい箇所はお腹以外でもバストやヒップ、太ももなどがあります。いわゆる、脂肪があって柔らかい部分に出現するということなんです。太ももやお尻といったふだん目に見えにくいところは特にチェックを忘れがちなので意識して保湿ケアをしましょう。それだけでなく、お腹周りが大きくなると下の方が見えにくくなるので意識してケアすることが大切です。妊娠時の断裂線はできてしまいやすい人とそうでない人がおります。妊娠線ができやすい人とは、「肌が乾燥している人」「高齢出産の人」「小さくて痩せている人」「皮下脂肪が多い人」「双胎(二人)、品胎(三人)以上お腹にいる人」「出産経験がある人」「遺伝的傾向」といったことが目立ちます。ですが、もし、「私、妊娠線できやすいタイプかも」と思っても心配しすぎないようにしてください。きちんと保湿ケアと体重を急に増やさないことで「マタニティマークが防げた」というお母さんも存在します。ストレッチマークを作りたくない人は今すぐに保湿を始めて、体重も増やさないように意識しておきましょう。妊娠線とはどんどん大きくなるお腹に皮膚が変化に耐えることができず、真皮が裂けてしまって作られる断裂した傷跡のこと。妊娠してしばらく経ち腹部のふくらみが目立ち始めることからできてしまいやすくなります。妊娠線は表皮の深部にある真皮のあたりにできてしまうので、妊娠線が一度できてしまうと元に戻せないと言われています。妊娠線を予防するためにはどの時期からスタートするのが良いのでしょうか。腹部がまだ小さい頃は乾燥も感じないので「問題なし」と考えておられるかもしれません。が!本当にストレッチマークを作りたくないならできるだけ早い時期からクリームやオイルを塗ることをご提案します。

 

妊娠線予防 人気商品