妊娠線予防クリーム6

妊娠時の肉割れは作られやすい人、作られにくい人がいるんです。
ストレッチマークが現れやすい人とは「カサカサ肌の人」「高齢で赤ちゃんを産む人」「小柄でスリムな人」「脂肪がたっぷりある人」「お腹に二人以上子どもがいる人」「すでに出産をしたことがある人」「遺伝的傾向」というポイントがみられます。そうはいっても、もし妊娠線ができやすそうなタイプの人でも大丈夫です。
日々の保湿ケアとゆっくり体重を増やすことで「ストレッチマークが防げた」というお母さんもおられます。
妊娠時の肉割れを予防したい人はできるだけ早く保湿をスタートさせて、体重が急に増えないように気を付けましょう。ストレッチマークをできないようにするためにはいつからスタートするのが良いのでしょうか。

 

お腹がまだ小さいうちは特に乾燥も気になったりしないので「問題ない」と思うかもしれません。

 

が!本当にストレッチマークを作りたくないならできるだけ早い時期から肌を潤すことを推奨します。ストレッチマークが表れやすい箇所はお腹周りの他にも太もも、お尻、胸などもできやすいです。

 

いわゆる、脂肪がたくさんある部分に出現するということなんです。お尻や太ももの部分など後ろの部分はかなり確認しづらいので気を付けて保湿クリームやオイルを塗りましょう。それだけでなく、お腹周りが大きくなると下っ腹がわかりにくくなるので注意してケアすることが必要です。
妊娠時のお腹の肉割れは急激に大きくなるお腹に変化に耐えられず、皮膚の下にある真皮が裂け、作られる傷跡のこと。

 

 

妊娠してお腹のふくらみが目立つようになるなったころからできやすくなります。

 

 

 

妊娠時にできる線は表皮の奥の真皮細胞などに発生するので、一度できてしまった妊娠線は消すことはできないと言われるのが一般的です。

 

一般的なボディケア用のアイテムと妊娠線を防止するための保湿ケアグッズはどういった点が違うのでしょうか?大体、違うところは4つです。

 

「何が入っているのか」「におい」「値段」「保湿ケア力」まず、入っているものは何かということです。気を付けなければいけないのは、「妊娠している」ということ。お腹に子どもがいる時は、ホルモンが妊娠していない時よりも変化しやすいので、今まで特に肌に合っていた保湿するためのものも荒れてしまったり「かゆい!」と感じたりします。

 

 

 

ですが、専用のクリームやオイルは、妊娠していつもとお肌の状態が違っても使えるように刺激が少ない成分でできているんです。香りについても異なります。市販されているボディクリームやオイルは香りづけの余計な成分が入っていたり、ホルモンが分泌されるような精油が使われたりします。
つわりの期間は特に香りによって気分が悪くなることもありますし、妊娠中に使ってはいけない精油入りのこともあるので、気を付けましょう。

 

商品の代金についても一般的に売られているものは安い場合が多いのですが、妊娠しているとき専用のものは若干価格が高いものが多い傾向にあります。

 

また、保湿ケアの力に関しても違うところがあります。妊娠線は真皮が裂けてできる状態なので、保湿r成分が肌の奥まで浸透する必要があるのです。

 

ゆえに、保湿する力が高く、真皮まで保湿する力が高い方が安心できるということです。

 

 

妊娠時の肉割れを食い止めたいのであれば、もし妊娠線ができても「これでできてしまったなら仕方ない」と思えるようなものを選ぶことをお勧めします。

 

 

⇒妊娠線予防をしたいあなたに捧ぐおすすめクリームはこちら!