妊娠線予防クリーム2

妊娠時の断裂線はできる人、できない人が存在します。

 

妊娠線が現れやすい人とは「ドライ肌の人」「35歳以上」「もともと細身の人」「ぽっちゃりさん」「お腹に二人以上子どもがいる人」「一度妊娠、出産を終えた人」「お母さんに妊娠線がある人」という項目が挙げられます。

 

といっても、もし妊娠線ができやすそうなタイプの人でも大丈夫です。毎日の妊娠線予防のケアと体重チェックで「ストレッチマークが現れなかった」といった女性もおられます。ストレッチマークを防止したい人はできるだけ早いうちから保湿ケアをスタートさせて、体重についてもチェックしましょう。
妊娠線とは急激に大きくなるお腹に変化に耐えることができず、真皮が裂けてしまってできる傷のこと。妊娠してしばらく経ちお腹が大きくなり始めたころから表れやすくなります。

 

ストレッチマークは皮膚の深部にある真皮細胞などにできるので、一度できてしまった妊娠線は治すのは不可能と考えられています。妊娠線を予防するためにはいつ頃から始めるといいのでしょうか。腹部が小さい頃はピリピリ感も気にならないので「問題ない」と考えておられるかもしれません。しかし、本気で妊娠線を作りたくないならできるだけ早い時期から保湿ケアすることを推奨します。妊娠線が作られやすいところはお腹の他にも胸やお尻、太ももがあります。

 

つまり、お肉がたっぷりあるところに現れやすいということ。お尻や太ももの部分など後ろの部分はかなりチェックを忘れがちなので注意して保湿ケアをしましょう。

 

 

 

それだけでなく、お腹周りがスイカのように丸々してくると下の方がチェックしにくくなるので注意して潤してあげることが大切です。ドラッグストアなどに置いてあるボディ専用のクリームと妊娠時に使うクリームやオイルは違うところはあるのでしょうか?大まかに分けると、違うところは4つです。

 

 

 

「原料」「かおり」「安さ」「保湿ケア力」まず、入っているものは何かということです。気を付けるべきなのは、「妊娠中」だということ。妊娠中はホルモンの上がり下がりがいつもよりも大きく変化するので今まで問題が見られなかった保湿ケアグッズも荒れてしまったりかゆくなったりするんです。

 

 

でも、マタニティ期専用のアイテムは妊娠していつもとお肌の状態が違っても使えるように低刺激な成分でできているんです。においについても違います。

 

よくお店で見るような体用の保湿グッズは香りづけの余計な成分が入っていたり、ホルモンに影響のある精油が入っていたりします。妊娠初期のころは特に香りで吐き気を催すこともありますし、妊娠時は不適切な精油入りのこともあるので、気を付けましょう。

 

 

値段についてもよく目にするものは安い場合が多いのですが、妊娠しているとき専用のものはやや高価な場合が多いと思われます。

 

また、保湿による効果に関しても違うところがあります。

 

妊娠時にできる線は真皮が裂けてできる状態なので、肌の内側まで保湿成分を染み込ませる必要があるというのはお分かりいただけることと思います。なので、肌を潤す力が高く、真皮まで潤してくれるものの方が安心です。
妊娠時の肉割れをできたくないのであれば、もしストレッチマークができても「これでできてしまったなら仕方ない」と思えるようなものを購入することをおすすめします。

 

妊娠線予防クリーム 口コミ ランキング