妊娠線予防クリーム23

市販されているボディケア用のアイテムとストレッチマークを作らないための保湿のためのクリーム、オイルはどういった点が違うのでしょうか?ざっくり言うと、違いは4つあります。

 

「入っているものは何か」「におい」「値段」「どこまで保湿してくれるのか」最初に、原料についてです。

 

念頭に置くべきなのは、「妊娠中」だということ。お腹に子どもがいる時は、ホルモンバランスが通常より大きく変わりやすいので、現在まで大丈夫だった肌ケアアイテムもニキビができたり、かゆくなったりすることも。その点、専用のものは、ホルモンバランスが崩れやすい時期でも大丈夫なようにお肌のことを考えた成分でできているんです。芳香についても違いがあります。

 

市販されているボディクリームやオイルは香料といういい香りをさせるものが入っていたり、ホルモンに影響のある精油が入っていたりします。妊娠初期のころは特に香りによって気分が悪くなることもありますし、妊娠中禁忌の精油入りのこともあるので、気を付けなければいけません。金額の点でもよく目にするものは安く手に入ることが多いのですが、妊娠中に使うものは高価なことが多くなっています。

 

また、保湿ケアの力に関しても差異があります。

 

妊娠時にできる肉割れは真皮が割れ、断裂してできてしまう状態なので、肌の内側まで保湿成分を染み込ませる必要があるんです。ですので、保湿力が高く、できるだけ表皮ではなく、真皮まで潤してくれるものの方が安心感があります。

 

妊娠時にできる断裂線を作りたくないのであれば、もしストレッチマークができても気持ちが切り替えられるようなものを選ぶことをお勧めします。お腹の肉割れを防止方法はどの時期からスタートするのが良いのでしょうか。お腹が目立たないぐらい小さい頃はかゆみも気になったりしないので「問題ない」と考えておられるかもしれません。ですが、もし本当にストレッチマークを予防したいならできるだけ早い時期から保湿ケアすることを推奨します。

 

妊娠時の肉割れが作られやすいところはお腹周りの他にも胸やお尻、太ももがあります。

 

つまり、お肉がたっぷりある部分ができやすいということです。太ももやお尻といった背面は特に見ることが難しいので注意して肌に潤いを与えてあげましょう。お腹周辺が大きくなり始めると下っ腹がチェックしにくくなるので注意して保湿することがポイントです。妊娠した時の線はできてしまいやすい人とそうでない人がいます。

 

妊娠した時の線が作られてしまいやすい人とは「乾燥肌が気になる人」「高齢での出産に臨む人」「小さくてスマートな人」「太目の人」「双子、三つ子を妊娠している人」「一度妊娠、出産を終えた人」「お母さんに妊娠線がある人」というポイントが目立ちます。

 

 

 

そうはいっても、もし妊娠線ができやすそうなタイプの人でも気に病まないでください。頻繁な潤いを補給することと体重をに気を付けることで「マタニティマークができなかった」という方ももちろんいます。

 

 

 

ストレッチマークを作るのが嫌な人はできるだけ早くクリームやオイルを塗って、体重も増やさないように気を付けましょう。妊娠時のお腹の肉割れは急に大きくなるお腹についていけず、皮膚の下にある真皮が裂け、作られてしまう断裂した傷跡のこと。

 

妊娠中期お腹が大きくなり始めたころからできやすくなります。

 

妊娠時のお腹の肉割れは皮膚の深部にある真皮という組織細胞に作られてしまうので、妊娠線が一度できてしまうと治すのは不可能と言われるのが一般的です。

 

→妊娠線予防のおすすめオイルはこれで決まり!!